前立腺がんプラザ/トモセラピー

  

トモセラピー体験者へのアンケート(数十名分)、トモセラピーとは、トモセラピーの費用、効果。最新の前立腺癌治療を図解で解説。

前立腺がんプラザ|トモセラピー
前立腺がんプラザ|トモセラピーhome前立腺がんとは前立腺がんの治療法放射線治療機トモセラピーロボット手術ダヴィンチトモセラピーに関するアンケート前立腺がんの闘病記江戸川病院スタッフブログトモセラピーの治療を受けた方の患者会医療関係者の方向けサイトマップ

リスク別の前立腺がん治療の一考 超高リスク

NCCN(National Comprehensive Cancer Network)の2014年のガイドラインでは、臨床的:超高リスク
 臨床病期 T3b~T4(局所進行癌)の患者

をリスクが非常に高い患者群と定義しています。
この群に対する選択肢としては、1)強度変調放射線治療(IMRT)または放射線治療(EBRT)+密封小線源治療と 2~3 年間の アンドロゲン遮断療法(ADT)の併用、2)隣接臓器への固定がみられない選択された症例における根治的前立腺摘除術(RP)+骨盤リンパ節郭清術(PLND)、3)根治的治療に不適格とされた場合のアンドロゲン遮断療法(ADT)が挙げられます。
受診時の病期がリンパ節転移( N1) の患者では、アンドロゲン遮断療法(ADT) 単独もしくは原発腫瘍の強度変調放射線治療(IMRT)または放射線治療(EBRT)+密封小線源治療と 2~3 年間の アンドロゲン遮断療法(ADT)の併用が選択肢となり、遠隔転移(M1) 症例にはアンドロゲン遮断療法(ADT)が推奨されます。
また、再発をみる場合、最初の 2 年間で 45%、最初の 5 年間で 77%、そして 10 年間で 96%が再発していたことが Pound らによって報告されています。

05

*コメントは『承認』後に反映されます。

コメントフィード