『TOMOの会(ともの会)』  江戸川病院でトモセラピーによる前立腺がん放射線治療を受けた男性限定の患者会です。

*「トモセラピー」と「友の会」をかけて『TOMOの会』です。

TOMOの会・事務局:『江戸川病院内 がん相談支援室』 
住所:133−0052東京都江戸川区東小岩2−24−18 電話03−3673−1221(代表)


ごあいさつ
TOMOの会とは、これまで江戸川病院で、トモセラピー治療を行った方、行っている方を対象にした前立腺がんの患者会です。
江戸川病院がん相談支援室は、TOMOの会の支援を行っています。

TOMOの会の様子
第1回TOMOの会
2011年2月17日 第1回 『TOMOの会』が開催され、200人の人たちが参加しました。
当日の様子は、マスコミにも取り上げられました。
『毎日新聞 2011年2月8日号夕刊』 「前立腺がん弱み、悩み共有 男性限定の患者会」
第2会TOMOの会 交流会
2011年7月12日 『交流会』が江戸川病院で開催されました。
約60名の方が参加、少人数のグループに分かれ意見を交換しあいました。

第3回TOMOの会
2011年10月7日、『TOMOの会』が開催されました。
230名の方が参加。放射線治療の知識についての講演も行われました。

第4回TOMOの会 
2012年6月20日、『TOMOの会』が開催されました。
自身の治療経験について発表しました。

第5回TOMOの会 交流会
2012年11月28日、『交流会』が開催されました。
交流会には約70名の方が参加し、5-6名ごとのグループにわかれて、治療体験について意見交換をしました。

第6回TOMOの会 交流会
2013年11月27日開催。61名参加。
TOMOの会会員5名がパネリストとしてそれぞれのテーマごとに発表し会場全体と意見交換しました。

第7回TOMOの会 講演会
2014年11月17日開催。91名参加。
医師にTOMOの会会員の質問にご回答いただきました。

第8回TOMOの会 交流会
2015年7月10日開催。35名参加。
関心のあるテーマ(再発グループ、副作用グループ)にわかれ意見交換をしました。

第9回TOMOの会 講演会
2016年2月13日開催。248名参加(TOMOの会:89名、一般159名)。
江戸川病院医療情報セミナーと共催の講演会『男の敵 前立腺がんをやっつけろ!』をテーマに放射線科 浜部長、泌尿器科 坂本医師にご講演いただきました。 前回の交流会で出た質問にもご回答いただきました。




医療情報セミナー
2013年5月20日、医療情報セミナー『急増する前立腺がんとトモセラピー』が開催されました。
医師の講演とともに、TOMOの会の幹事の方が、自身の前立腺癌トモセラピー治療体験について語りました。



マスメディアへの登場
■毎日新聞 2011年2月8日号
前立腺がん弱み、悩み共有男性限定の患者会設立
第1回「TOMOの会」が開催される前に『毎日新聞 2011年2月8日夕刊で紹介されました。
女性は待合室などで積極的に情報交換をする傾向があるものの、男性は静かに待つ傾向や、 また、”体験談を聞きたい”、”患者会がほしい”など、要望を踏まえ「TOMOの会」が設立されるまでの 過程について取り上げられています。

■毎日新聞 2011年2月20日号
■東京新聞 2011年7月13日号
『TOMOの会(交流会)』の記事が『東京新聞』に掲載されました。
『東京新聞 2011年7月13日』 「高齢男性患者会「悩み」分かち合う
〜江戸川病院 前立腺がん治療で〜
代表の鳴川さんや会員の方のコメントも紹介されています。

■朝日新聞 2011年10月25日号
男同士なら不安も語れる。自分の治療は自分で選ぶ時代。
「TOMOの会」幹事 辻さんが『朝日新聞』の「伝えたい」のコーナーに登場。
前立腺がんと告知されてからの、トモセラピーによる治療の選択、PSA値が平常値に戻った後の生きがい。 について「伝えて」います。

■がんサポート 2012年1月号
男性患者よ、もっと思いを伝え合おう
「TOMOの会」の代表を務める鳴川さんが紹介されました。
女性を中心に運営されているがんの患者会が多いなかで、男性特有の病気、 前立腺がんでつくる患者会が、「TOMOの会」。
人にはなかなか言えない悩みも、ここでなら打ち明けられると意気盛んです。

■東都よみうり 2016年2月26日号




リンク集
前立腺がんプラザ/トモセラピー